鎌ヶ谷市での葬儀の式場について

  • 鎌ヶ谷で葬儀を行う場合はどの施設を選ぶと良いか

    • 鎌ヶ谷市で葬儀を執り行うことになったとき、まずは通夜と告別式を行う施設をどこにするかを考えることになるでしょう。
      今日では、亡くなった人の遺族の多くは斎場での通夜および告別式を選択します。

      鎌ヶ谷で葬儀関する便利な情報が満載です。

      斎場には公営のものと民営のものがあり、費用を安く抑えたい場合は主に公営の斎場、サービス内容を重視したい場合は民営の斎場が選ばれる傾向にあります。鎌ヶ谷市には公営の葬儀式場がないため、公営の斎場で式を執り行う場合は隣の船橋市にある斎場を利用することになります。

      この斎場は、船橋市と近隣の3市によってつくられた事務組合が運営しており、亡くなった人が4市のいずれかに住民登録していれば利用することができます。


      式場には火葬場が併設されているため、骨上げまでの儀式はすべて1ヶ所で行うことが可能です。


      斎場以外では寺院や教会といった宗教施設で葬式が執り行われることがあります。



      もし、亡くなった人やその遺族のうちの誰かが特定の宗派に属していれば、その宗派の形式に沿って式を行うことも選択肢となり得ます。鎌ヶ谷市内にも葬儀ができる宗教施設があるので、式場として使いたい場合は施設の事務所に問い合わせて相談すると良いでしょう。

      亡くなった人が生前よく近所付き合いをしていたのであれば、公民館やコミュニティセンターなどといった集会場を式場とするとお世話になった人たちが弔問に訪れやすくて重宝されます。

      また、自宅が広い一軒家であれば、そこで告別式までの儀式を行うのも良策です。



top