AGAとは男性の脱毛症のことであり、遺伝と男性ホルモンの働きが主な原因だと考えられています。症状としては、思春期以降に頭頂部か額の生え際から次第に頭髪が薄くなっていくことが特徴で、多くの男性にとって悩みの種です。そのため、様々なAGA治療が開発されてきましたが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。まず、薬剤の摂取によるAGA治療ですが、これは気軽に行える治療法として世間に広く普及しています。

しかし、発毛効果が認められないものも多く、たとえ効果のあるものでも勃起不全や循環器系などの副作用がある場合があるので注意が必要です。一方、HARG治療は成長因子のカクテルを頭皮に注入することで毛乳頭細胞を活性化させようというものです。発毛率は高く、副作用もほとんどないのですが、100万円を越える治療費が必要になってくるので誰でも気軽に行えるわけではありません。最も確実なAGA治療としては植毛という手段があります。

昔は人工毛を植え付ける人工植毛が主流でしたが、人工の毛は抜け落ちると再び生えることはないので定期的に植毛を繰り返す必要がありました。しかし、自分の毛を移植する自毛植毛であれば、毛根細胞が定着さえすれば毛が抜け落ちても再び生えてくるので何度も植毛を繰り返す必要はありません。そのため現在では、植毛と言えばこちらが主流になっています。ただ、これも治療にかなりの費用がかかるのが難点です。

しかも、自分の毛を移植するわけですから移植できる数には限りがあり、さらに頭部に傷跡が残ってしまうという欠点もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *