薄毛の主な原因として男性型脱毛症というものがあって、この症状の場合の薄毛治療としてはAGA治療をすることで効果が得られることがわかっています。男性型脱毛症の薄毛治療には治療薬が開発されており、代表的なものとしてはプロペシアやミノキシジルがあります。プロペシアやミノキシジルを服用することによって、AGAの薄毛治療を行うときには一定の期間薬を服用することで継続的な治療を行う必要があります。プロペシアは主成分としてフィナステリドという成分が含まれていますが、飲む育毛剤という呼ばれ方もしており現在の薄毛治療に最も使用されている医薬品となります。

フィナステリドは、男性ホルモンの影響による発毛の阻害させてしまう症状を抑制させる効果がある成分です。プロペシアは医薬品ですので、購入のためには医師の診断を受けた上で処方箋をもらわないと購入できません。一方の薄毛治療に有効な医薬品であるミノキシジルは、毛母細胞に作用を及ぼす成分で、毛母細胞を活発にすることで発毛効果を促します。ミノキシジルは血管を拡張させる作用のある薬で、頭皮の血流を良くすることで頭皮の環境を整えることが可能になりますし、栄養素を届けやすくなることで、発毛を向上させる効果が得られます。

ミノキシジルも医薬品ということで必ず副作用が生じないものではありませんので、しっかりと医師の診断を受けた上で説明を聞いてから服用することが望ましい薬と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *