男の子のペニスは包皮で全体が覆われています。勃起力もまだ弱いので、勃起したとしても包皮が剥けることはほとんどありません。ところが成長期を迎え身体がだんだん逞しくなっていくにつれ、ペニスのサイズも急激に大きくなります。それに伴い亀頭を覆っていた包皮が剥けて露出するようになります。

亀頭を覆っていた包皮が剥けるというのは、大人になったしるしの一つなのですが、身体は逞しくなったにもかかわらず包皮が剥けないで亀頭を覆ったままということがあります。これを包茎と言いますが、7割近い男性は仮性包茎と言われています。毎日綺麗に洗っていれば仮性包茎でも特に困ることはありませんが、清潔にできないとばい菌が繁殖して炎症を起こすことがあります。包茎は手術を受けることで治療することができます。

横浜には評判の良いクリニックが多数あります。横浜のクリニックでできる包茎手術は、環状切開と呼ばれるオーソドックスな包茎手術の他、亀頭直下で切開する方法や陰茎根部で切開する方法などもあります。包茎手術の方法によって費用や術後の仕上がりが変わってきます。手術時間は2時間前後で日帰りが可能です。

ただ横浜のクリニックによって対応可能な包茎手術が異なるので、費用も含めて比較検討する必要があります。また、医師や看護師などすべて男性スタッフで対応することで、極力恥ずかしい思いをしないで済むように配慮しているクリニックも少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *