包茎は横浜の専門クリニックで治療可能です。1時間半から2時間程度の包茎手術を行うことで、亀頭表面を覆っていた包皮を除去することができます。デリケートな部分ですし、日帰りの手術とはいえメスを入れることそのものに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。リスクが全くないわけでもありません。

ただ、何もしないと様々なトラブルが発生する可能性があります。一番心配なのは包皮炎などの炎症が起こることです。赤く爛れるだけでなく、悪化すると痛みや痒みに悩まされるようになり、膿が出てくるようになります。このような状態では性交渉を持つこともできなくなってしまいます。

相手にも感染させてしまうリスクがあるからです。横浜のクリニックで包茎手術を行うことによって、このようなトラブルを防ぐことができるようになります。それだけでなく見た目も逞しくなるので、包茎であることにコンプレックスを感じていた人にとっては、そのコンプレックスからの解放につながります。横浜のクリニックでの包茎手術は、真性包茎やカントン包茎の方はもちろんのこと、日本人に多いと言われる仮性包茎の方も推奨されます。

仮性包茎は手で包皮を剥くことができるので、毎日綺麗に洗って清潔にしているなら特に問題はないのですが、しかしお風呂に入ることができなかったり、気を抜いて不潔な状態にしたりすると、仮性包茎でも包皮炎を発症させてしまう可能性が高くなります。包茎手術を行えばこのような心配もなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *