包茎治療の選択肢は主に手術になり、包茎手術を横浜で受けるときは環状切開術が採用されることが多いです。3Dシミュレーションで仕上がり後の状態をイメージし、それに沿って施術をしていきます。手術失敗でよくあるのは形状の崩れであり、包茎が解消すると同時に別の悩みが生まれてしまいます。あらかじめ詳細の仕上がりをイメージし、そのうえで切開ラインを決めていく必要があるのです。

通院回数を減らしたい方は、溶ける糸を導入した包茎手術に横浜で対応したクリニックを選んでください。吸収糸は名前のとおり、体内に吸収される性質を持っています。手術後に違和感が生じにくく、抜糸する必要がないので楽です。包茎手術を横浜のクリニックで受ける男性は、怖くて踏み切れなかったと答える人が多いです。

全身のなかでも特に敏感な陰茎を施術するため無理もありませんが、施術後の感想を聞いてみると思ったよりずっと痛くないという意見が目立ちます。環状切開術は日々進歩しており、昔の痛い手術ではありません。麻酔技術も進歩していますから、無痛と言ってもよいレベルです。包茎手術を横浜で楽に受けるなら、切らない施術も選択肢に入れてみましょう。

埋没法といえば二重まぶた施術で有名ですが、これを包茎治療に応用できるのです。切開する必要がないので身体への負担が軽く、料金も安く抑えられています。ごく軽い包茎であれば、無理に切らなくても改善できるケースがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *