代表的な生活習慣病のひとつである糖尿病は、様々な合併症を引き起こしますが、包茎を悪化させることも知られています。血糖値が慢性的に高い状態となると、細菌への抵抗力が低下するため、包皮や亀頭に炎症が起こりやすくなります。すると、包皮と亀頭の癒着が強くなってしまうため、最初は簡単に剥けていたとしても徐々に剥けにくい状態になってしまい、包茎が悪化してしまうのです。包茎が悪化すると、包皮や亀頭の衛生状態が保てなくなるため、炎症が悪化することで包茎も悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

糖尿病によって引き起こされる包皮や亀頭の炎症は、糖尿病性亀頭包皮炎と言うのですが、この炎症に対する治療は難航することがケースが少なくありません。軟膏などを使用することで一時的に改善することはあっても、再び悪化してしまうことも多く、排尿時に沁みたり平常時であっても痛みやかゆみを感じたりすることで日常生活に支障が出ることもあります。このような状態となった場合は、包茎手術を受けて悪循環から脱却する必要がありますが、糖尿病を患っている場合の包茎手術は化膿するリスクがあるなど、通常の包茎手術よりも難易度が高くなります。そのため、手術を希望しても断られるケースも多々あり、遠方のクリニックまで足を運ばなければいけない状況になってしまう方も少なくありません。

しかし、糖尿病によって進行した包茎を放置するのは危険なので、たとえ遠方であっても高い技術のあるクリニックで包茎手術を受けることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *