人は生まれてきた時には、基本的に包茎だということがいえます。幼少期の頃であれば、誰もが手を使っても皮を剥くことができない状態です。しかしながら成長期が近づくにつれて、その包皮の口が柔らかくなっていき亀頭を露出しスムーズに性交渉が行える状態になっていたというのが、通常の形なのです。しかしながら、いつまでも包皮の口が緩むことがなく、亀頭露出できないといった状態が真性包茎になります。

我々これは雑菌などがたまりやすく性交渉などもスムーズに行えなくなってしまうため、病気と判断されます。特に糖尿の人に多く、一刻も早く包茎手術を行うことがとても大切です。一方で仮性包茎というのは亀頭を手を使うことによって露出することは出来るのですが、手を離すとまたすぐに亀頭が包まれている状態に戻ってしまうといったタイプになります。これが日本人で最も多いタイプではありますが、温泉などに行った時などに少し恥ずかしい思いなどをしてしまったり、コンプレックスに感じて引け目を覚えると言ったこともよくありますのでこちらも糖尿が原因の場合などは、早く包茎手術が必要だということが言えるでしょう。

その中間くらいの深刻さのタイプがカントン包茎です。こちらは勃起したりした時に手を使っても抜くことができない状態です。こちらは皮の突っ張りなどともない痛みなどを伴って生活に支障が出るようなケースもあるので、糖尿が原因の包茎手術が必要な、こちらもかなり重度の包茎ということが言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *