男性器の悩みの中でも特に包茎は多いものです。日本人男性の多くがこうした症状を持っており、特に治療をしなくても問題のない人もいます。とはいえ、やはり真性包茎やカントン包茎の場合は痛みや締め付けが起こることも多く、不潔になりやすい、見た目のことでコンプレックスになるなど多くのデメリットがあります。こうした症状がある人は、やはり治療を受けて改善することも考えてみましょう。

包茎手術は男性機能に特に問題がないという人も、見た目を良くする意味で行う人もいます。デリケートな部分の治療となりますので、横浜で治療をするときも医療機関選びは慎重にしていきたいところです。横浜でも、包茎手術に対応した医療機関はいくつかあります。保険適用の治療で十分だと感じる場合は泌尿器科に相談することができますし、見た目にもこだわる治療をしたい、できるだけ傷を残したくないという場合はメンズクリニックや美容外科で提供されている自費診療にも注目してみましょう。

そして、デリケートな悩みとなりますので、プライバシーへの配慮がしっかりと行われているか、男性スタッフのみで対応してくれるのかどうかなども調べておくとより安心です。横浜で包茎手術を受ける場合は、自由診療では費用も高くなりますので、複数のクリニックで比較して相場を知っておくことも大事です。痛みを緩和できる治療方法であるのか、治療後の抜糸が必要か必要でないのかなども良く調べておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *