包茎は気にしなければ問題ないと考えている人も多いのですが、不潔になりやすく、雑菌などが繁殖しやすい状態にあるために、毎日綺麗に洗っていないとすぐに包皮炎を発症させてしまうリスクがあります。亀頭のまわりや周囲の包皮が赤くただれてしまったという経験を持っている方も多いのではないでしょうか。これを防ぐためには包茎手術しかありません。真性包茎やカントン包茎はもちろんのこと、仮性包茎であっても同様です。

横浜市内には評判の良いクリニックがありますのでおすすめです。やはり、同じクリニックでも実績と経験が足りないと不安です。包茎手術の数が多くなればなるほど、医師の技術もアップするのは確かで、その点横浜のクリニックは経験豊富なので安心なのです。包茎手術にはいくつかの方法があるので、横浜のクリニックではどのような方法を選択することができるのか確認すると良いでしょう。

クリニックによって選択できる手術の種類や方法が違うことがあるので注意しましょう。また、どのような包茎手術を選ぶかによって、費用の面でも違ってきます。最初のカウンセリングの時に、ざっくばらんに尋ねてみると良いでしょう。費用を10万円以内に安く抑えたいのであればオーソドックスな環状切開が良いのですが、見た目を気にするなら亀頭直下切開式などがおすすめです。

費用は15万円~25万円前後ですが、横浜のクリニックによって異なりますので、よく確認する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *