包茎はペニスの包皮が亀頭を覆っている状態のことをいい、日常生活や性生活に支障がない程度のものもあれば、放置しておくと感染症などを引き起こすケースもあります。

後者の場合は、専門医の診断を受けたうえで包茎手術を行う必要があります。男性は生まれてすぐの頃は誰でも包茎状態で、ペニスの成長とともにだんだん解消されていきます。それが個人差によってペニスと包皮の長さがアンバランスな場合には、成人しても包茎状態のままの人がいます。したがって、大人になっても包茎であるかないかは原則として先天的な要因によって決まると言えます。ところが、これには一部例外があります。それは、生活習慣病を患った場合です。糖尿病になると、包茎が進行することが知られています。糖尿病は血液の中に含まれる糖分の量が増加し、さまざまな身体上の不都合をもたらす病気です。

血流の悪化もその1つで、血液がうまく流れなくなることで身体の各部に栄養が行き渡りづらくなります。この影響がペニスにまで及ぶと、包皮が弾力をなくし、包茎が進行することがあります。弾力を失った包皮が常に亀頭を覆っていると、内部で炎症が起こり、包皮炎を発症しやすくなります。悪化すると排尿障害を引き起こすこともあります。このような場合は、できるだけ早く包茎手術を行う必要があります。ただ、一般の外科の中には糖尿病を原因とする包茎の治療を扱っていないところもあるので、包茎手術を専門に扱っている医療機関の受診が推奨されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *