糖尿病を発症すると、常に血糖値が高い状態になってしまい尿の中に糖が排出されるようになります。

初期においては自覚症状がほぼないものの、治療を行わないとめまいや手や足の指の壊疽、排尿障害などが生じ、悪化すると動脈硬化を引き起こしてしまいます。動脈硬化は脳卒中や心疾患のリスクを高めるため命に関わる状態になることもあります。さらに糖尿病の場合、包茎が進行してしまったりEDになったりすることや病気をきっかけに包茎になってしまうことも多いです。これは血液の流れが関係しており、糖尿病になると血液の状態が悪くなるためしっかりと血液を送り届けることができなくなるためです。また包皮部分に炎症が生じている場合は、病気によって細菌に対しての抵抗力が低下していることから、なかなか治りにくくなるだけでなく包皮に亀裂が生じてしまうこともあります。

このように糖尿病が原因で包皮に何らかの不具合が生じている場合は、包茎手術を行わなくてはなりません。糖尿病における包茎手術は通常に比べると慎重に行う必要があります。これは体の抵抗力が低下していることにより、少しの衛生管理の不具合でも化膿する可能性が高いこと、さらに包皮を切開した後の傷口がいつまでも癒合できない可能性があることが理由としてあげられます。化膿などを防ぐには包茎手術後の注意が重要であり、薬をしっかりと服用をする、経過観察を行い変化が生じている場合はすぐに受診する、血糖の変動をできるだけ抑えることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *