糖尿病は血糖値が上昇していき、尿に糖が排出される病気です。

糖尿病になると包茎が進行すると言われていて、包皮の炎症がなかなか改善しなかったり、亀裂を生じて痛む場合は手術が必要です。糖尿病になると細菌に対いて抵抗力が低下してしまい、包皮や亀頭部位などに炎症が起こるようになります。癒着が強くなり締め付けが強くなっていき、剥け難くなるでしょう。衛生管理が難しくなり、炎症や亀裂が強くなっていくというスパイラルに陥るのです。亀頭包皮炎は軟膏で一時的に改善しますが、排尿時に沁みたり平常時でも痒みが強くなるので、日常生活に支障をきたすことが多いです。このような状態で包茎手術をすると、切開した傷の癒合不全があるので難しいと言われています。クリニックによって手術を引き受けてもらえないケースもありますが、専門クリニックでは適切な包茎手術を受けることができるでしょう。

手術前にこれまでの病歴についてカウンセリングが行われ、血糖や尿糖、HbA1といったデータなどに関して確認していきます。現在服用している薬について内容を伝えられるよう整理しておくか、お薬手帳を持っていくと良いでしょう。包茎手術前は暴飲暴食は避けておき、カロリー制限しているなら決まった量を摂取します。術後の注意点として、渡された内服薬は服用したり、医師の指示通り経過観察を行い何かしら異常があれば報告しましょう。医師の指示を守りながら、規則正しい食事によって血糖変動を出来るだけ抑えるのが大切です。
包茎手術と糖尿のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *