粘膜や傷のあるところにヒトパピローマウイルスが付着すると、感染発症することがあるコンジローマは町田の皮膚科クリニックなどで検査や治療を受けることが可能です。

ヒトパピローマウイルスは確認されているだけでも100種類以上ありますが、中でも女性はがん化する可能性がある16型や18型に注意しなければなりません。男性が感染しやすい部分は亀頭や尿道口に肛門周辺などで、女性は膣口や小陰茎、大陰茎辺りです。膣口から内部に入ったヒトパピローマウイルスが16型や18型だったら、将来子宮頸がんになる可能性があります。だから感染した可能性がある方はコンジローマの検査を町田のクリニックなどで受けて、必要に応じて治療を受けましょう。子宮頸がんが気になる方は、皮膚科に検査に行くよりも婦人科やレディースクリニックに行ったほうが、より専門的な診療を受けることができます。

ヒトパピローマウイルスの他の型に感染した場合でも、女性は膣口に症状が出ていると出産のときに厄介で、イボが大きくなり産道を塞ぐと行った事例があります。妊娠出産を希望している方は、予め検査を受けて感染していないか確かめたほうが無難です。検査を受けたあとでも性行為により感染することがありますから、できればパートナーと一緒に調べてもらったほうがいいでしょう。性器周りに独特の形をしたイボができたら感染を疑って、コンジローマの検査を町田のクリニックなどで受けましょう。性病には似ている症状で全く違ったウイルスが原因の場合もありますが、医師がイボの形状を診察し必要な検査を選んでくれますから、他の感染症の場合でもしっかりと特定してもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *