小さくて数が少ないイボの状態だと放置してしまう方がいますが、感染症により発生するものは次第に範囲を拡大させ大きくなり、手術を受ける治療法以外の対応ができなくなってしまうことがあります。

だから原因が分からない場合は、感染症の可能性を考えて早めに検査を受けることが肝心です。コンジローマは町田のクリニックで、検査や治療を実施しています。検査は痛みがない方法ですから、行くのを躊躇しないで早めに行きましょう。怖いのは検査や手術ではなく、放置して広がったり他の人にうつしたりすることです。症状別でコンジローマは町田のクリニックでも、いろいろな治療方法採用しています。ウイルスが飛び散るのを防ぎつつイボをとる方法に冷凍凝固法を用いることが多いです。これは小さなイボで数が少ない場合に、どこのクリニックでも採用される方法です。イボの手術は、レーザーを使うイメージを持っている人もいるでしょう。

でもウイルスが中に入っているイボに対してレーザー照射をしてしまうと周りに飛び広がって、イボの出る範囲が増えてしまうことがあります。だから、患部の病変があってこの方法しか取り除けないという場合にしか、レーザーは使わないことが多いです。専用のクリームによる治療は、患者さん自身が見て塗ることができる場所にあって、ある程度広がりを見せているときに用いる治療方法です。発生部位によっては手術しか対応方法がない場合もありますが、手術の必要性がないときに用いられます。肛門に発生しているとき、コンジローマの治療を町田のクリニックで実施しない場合があります。肛門には性交で感染することが多く、HIVの合併が起きている場合も多いためです。一般のクリニックではHIV治療ができないことが多くて、感染症基幹病院に行く必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *