横浜市は、隣接する川崎市と相模原市と並び神奈川県内で尖圭コンジローマの新規発症患者数が多い都市であり、平成31年2月には男性8人と女性3人の感染患者を出しています。

横浜市は、人口約72万人の相模原市と人口約154万人の川崎市のに都市を合わせた人口より多い人口約376万人の神奈川県一の都市であり、日本3大中華街の1つ横浜中華街があるので外国人観光客が多く外国籍の船舶もたくさん入港している港湾都市なので尖圭コンジローマの感染患者が多い都市です。尖圭コンジローマは、性的接触により皮膚や粘膜の傷口から感染後平均2.8カ月の潜伏期間を経て発症するとされ、性病の中でも潜伏期間が長いことから感染時期や感染源を明らかにすることが難しく感染が拡大してしまうことがあります。

治療は、一般的にイミダゾキノリン系の抗ウイルス剤は配合されている外用薬の塗布による免疫賦活治療に加えて、感染患部表面に発症する鶏の鶏冠状のイボを取り除く外科的治療が行われているものの体内の病原ウイルスを完全に除去もしくは死滅させたわけでないので約25%の確率で再発する性病です。そのため、再発リスクが高いとされる外科的手術後約3カ月をあけて病原ウイルスの有無を判断する検査を受ける必要があり。手術から3カ月後の検査で病原ウイルスが確認されないとはじめて完治したとされます。尖圭コンジローマは、早期発見早期治療に加えて、ピンポン感染を予防するためにパートナーと一緒に治療を受けるのが基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *