アメリカ留学中に奨学金を受けるのに必要なことは?

アメリカには留学生をサポートする制度が整っており、奨学金制度もその一つと言えます。

では、アメリカ留学中に奨学金を受けるには一体どうしたらよいのでしょうか。奨学金の審査において最も重視されるのは成績であると言われています。特にアメリカ名門大学への留学を希望している場合、高校の成績がかなり重要視されるため、日本の高校在学中から良い成績を収めるよう日夜勉学に励む必要があります。成績に加えて奨学金の審査で重視される別の点は、自己紹介や自分の学業意欲などを伝えるエッセイです。

この点、アメリカの大学はコピペや引用に関する規制が大変厳しく、盗用したと判断された場合、奨学金はおろか入学そのものが拒否されてしまうことさえあると言われています。それでエッセイを書く際には、自分の言葉でしっかりと熱意を伝えるのがポイントだと言えます。

また留学先が有名私立大学の場合、その生徒に関する推薦状を重視する傾向にあるため、信頼できる先生や教授に推薦状を書いてもらうことができます。推薦状は英語で作成する必要がありますから、正確な英語を使って文章を作成できる人に依頼しなければなりません。さらにアメリカ留学中に奨学金を受けたいと思うなら、面接の場で自分をしっかりとアピールする必要があります。エッセイを書く場合と同様、自分自身の言葉で、在学中に何をしたいと思っているか、自分のアピールポイントは何かなどをはっきりと熱意を込めて伝えるよう心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *