高校留学と大学進学のバランスを取る

高校留学を考える場合は、大学進学のことも考えなければなりません。

大学進学を第一にする場合は、高校留学の期間は短い方が良いと言えます。難関の大学の中には、熱心に勉強しないと通らないことがあります。特に3年生からの勉強が大切になります。高校留学は1年生の時に済ませましょう。大学の中には、英語力を重視するところがあります。そんな大学に行きたい場合は、留学の期間を長くしても良いでしょう。1年程度留学しても、問題はありません。

その場合は、卒業が遅れます。それでも英語力を身に付けているので、卒業してからの進路は広がります。英語の重視する難関の大学にも通りやすくなります。高校の中には、外国の高校で学んだ単位を認めるところがあります。そんな高校にあらかじめ進学すれば、高校を卒業する時期が遅れることはありません。高校生のうちに留学することは、その生徒にとって計り知れないプラスになります。

それでも、日本の大学に進学するつもりだったら、受験勉強をおろそかにしてはいけません。外国に行っている間も、少しずつで良いので受験勉強をするようにしましょう。大学入試で出される問題は簡単ではありません。集中して長い間勉強することが必要になります。留学中もできるだけ勉強することが大切です。外国の高校に留学して、現地の大学に進学する方法もあります。これは合理的方法で、成功する可能性が高いです。ただし、費用が掛かるので、経済的な余裕が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *