高校留学から未来へつながる

文部科学省のデータによると3ヶ月以上の高校留学者は増加傾向にあります。

トビタテ!留学JAPANなど高校留学制度への政府の取り組みが変わってきたことも関係しているようです。さて、この高校留学制度とはどのようなものでしょうか。この記事を読まれているということは、きっと留学しようか悩んでいる高校生の方だと思います。今回はこの高校留学制度についてまとめていきます。

今回説明するのはトビタテ!留学JAPANについてです。文部科学省の企画で、日本の有名な企業がスポンサーとして、高校生の留学を支援している制度です。メリットとしては、2週間という短い期間からも留学できるので、夏休みの間に行って帰ってくることができるというところです。最近では留学していた分の単位を日本でも認めてくれる取り組みが進んでいます。しかし、まだ導入されていない県が多いのも現状です。

ですから、外国で勉強したいけど日本の大学に進みたい、という方にも最適な留学制度です。本格的に外国で勉強したい方は2年という長期間も可能です。海外に興味があって留学してみたい人、将来海外で働きたい人、とどちらのタイプにも合います。他に留学制度はありますが、この留学制度が今のところ1番身近で応募しやすいと思います。

言葉の壁が不安だし、性格が明るくないから、と色々な理由で不安に感じるかもしれません。しかし、この高校留学制度というのはそういう人が夢を見つけるための制度です。少しでも留学したい、という気持ちがあるならきっと頑張れます。この記事が少しでも参考になったなら幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *