英会話を覚えるために高校留学してみよう!

英語を必死に勉強しても、なかなか話せるようにならないのが日本の教育事情です。

英文や英単語の暗記ばかりで、また、学校のテストや受験の問題を解くことを目的に勉強しています。話せるようになることを目的にしていないため、高校生のほとんどが英会話ができていない状態で進学、就職となっています。本当に英会話をできるようにしたいのであれば、日本の英語教育から一旦離れ、高校留学すると良いでしょう。高校留学することで、英語を話さなければならない状況に自分を追い込むことができます。

日本語が使えなくなるので、少しずつ英語を話せるようになっていくでしょう。このとき、完璧な英語を話そうとする必要はなく、知っている単語を繋げるように話しても相手に理解してもらえます。あまり不安に感じず、積極的にコミュニケーションを取り、英語を使うと良いです。高校留学すれば必ず英語を話せるようになるわけではないので、注意してプログラムに参加しなければなりません。現地で英語を話すことが前提なので、ただ楽しんで終わらないようにしましょう。

何より、長い間滞在することが望ましいので、高校が休みなるタイミングで、夏か冬がオススメです。最低でも1週間は滞在することが望ましいので、時間を作り、高校留学を検討すると良いでしょう。長くなれば、それだけお金がかかるので、予算も考慮することを忘れてはいけません。一度参加すれば、英語を身に付けるチャンスを手に入れられるので、将来を考えた上で決断しましょう。
カナダ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *