日本人も移住しているオーストラリアで留学

オーストラリアの魅力は日本の真南にあって、時差がほとんどないこと、ゴルフをはじめとしてスキューバダイビングなどスポーツ天国であること、アメリカと同じく新開地の大陸で自由でおおらかな雰囲気があること等です。

また物価も安く、普通に暮らせば日本の4分の3ぐらいで済ますことが可能です。日本の20倍もある広大な国土に約2000万人の人たちが住んでいて、暮らし方にもよりますが年金生活者夫婦の平均年収があれば、十分余裕で暮らすことができるのです。月々10万円家賃を払えば、日本の倍くらいの大きさのアパートが借りられます。オーストラリアは非常に親日的な国であり、実際ゴールドコーストなどに多くの日本人が住んでオーストラリアでの生活を満喫しています。

都市部なら日本料理の店はたくさんありますし、スーパーに行けば醤油、豆腐、味噌などの基本的な日本の食材はそろいます。医療面でも日本人の多い地域なら、日本人医師や医療通訳のサービスが充実していて治安も全般的によく、都市部の特定地域に近づかなければ問題はありません。留学して英語を学ぶには、最も適した条件がそろっているのがこの国です。

気候は南半球にありますから、日本と真逆です。正月やクリスマスは真夏ということになります。留学している人の中には、日本の冬の期間だけはオーストラリアの暖かい気候で過ごそうと、コンドミニアムを借りてロングステイで留学している人たちもいるのです。温暖で広大な土地を持ちグレート・バリア・リーフに代表されるサンゴ礁の海や、マリンスポーツのイメージが強く日本人の移住も多い国です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *