高校留学の概要について

高校留学とは、日本の高等学校在籍中に海外の高等学校へ留学するというものです。

高校留学には大きく分けて二つの留学形式があります。交換留学と私費留学です。従来では、高等学校に在籍しながら留学するとしたら、修学旅行のような感覚で1週間から2週間程度の留学体験をする場合や、1年間ほど交換留学をすることが一般的でした。近年では、短期間の留学体験や交換留学ではなく、私費留学という形で海外の高等学校に留学するケースが増えてきました。

その背景には、官民協働で留学促進キャンペーンを行っていることがあり、2020年に開催される東京オリンピックまでに、高校生の海外留学を現在の3万人から6万人に増やす取り組みが行われています。そして、海外留学で取得した単位も、従来の30単位から36単位へと引き上げられ、日本の高等学校で認定されるようになりました。高校留学には、様々なメリットがあります。

吸収力と適応力が強い高校生は、語学の習得や異文化への適応と理解に優れた力を発揮することができ、将来の国際社会で必要とされる広い視野と国際感覚を身につけることが出来ます。また、海外の高等学校は教育環境が恵まれており、学校の立地や施設が充実しています。教育内容も充実しており、少人数制のクラスで行き届いた指導を受けることが出来る点もメリットです。そして、親元から遠く離れた場所で生活することで、自律性や規律が身に付き、精神的に成長することが出来ます。高校留学には、このようなメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *