高校留学についての基礎知識

現在高校留学が注目を集めています。

現地の高校生に交じって海外の高校で学ぶという経験は、語学力だけではなく、適応能力やコミュニケーション能力を伸ばしながら、グローバル化していく時代に対応していくことができる国際感覚を自然と身に着けることができるのです。そんな高校留学ですが、出願には中学課程を修了、または終了見込みであることが必要です。もちろん入学願書や成績証明書、テストスコアなども必要になります。

国によって教育制度が異なるため、行くことが出来る時期も変わってきます。異文化体験目的で行くのか、卒業目的で行くのか、ということでも時期が変わってきます。必要とされる語学力としては、授業が理解でき、周りの生徒や先生とコミュニケーションをとることが出来る英語力が必要です。しかし、最初はそこまでの英語力がないことが多いので、高校の授業参加前に高校が提携する語学学校や付属の英語コースにかようなどをして語学力を高める機会を設けられることが多くなります。

最低でも英検三級以上の語学レベルは必要になると考える方がよいでしょう。高校生活自体はほとんど同じで、週五日制、授業は三時ごろまでです。高校留学の時でもホームステイ滞在となることが多いので、帰宅後はホストファミリーと過ごしたり課題をしたり、という時間の過ごし方をすることが多くなります。週末には友達と出かけたりすることも、日本で高校生活を送るのと同じようによくあることのようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *